■プロフィール

玄斎

Author:玄斎
2004年の夏ごろから、お絵描きを始めた人。
のんびりまったり精進中。


玄斎の構成物質

kinsoku2.jpg

■カテゴリー
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■応援

秒速5センチメートル

待ちに待った新海誠さんの最新作です。

■トピックス

松原秀典アートワークス
松原秀典アートワークス

藤島康介さんの絵をクリンナップさせたら右に出る者はいないのではないかと。

■らくがきおんらいん推薦図書

アニメがお仕事! 1巻 (1)
アニメがお仕事!

これこそドラマ化するべきだと思うのです。

■定番デジタル画材
■ブログ内検索

■メンテナンス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
トレース台を使ってみる
 ちょうど線画作業中なこともあるので、今日はトレース台の記事を書いてみようかと思います。

 ではでは、まずトレース台の説明から。
 トレース台というのは、紙の下から光を照射するための道具です。要するに、トレース台の上にラフを描いた紙を置くと、照射される光によって描いた線がくっきりと浮かび上がるため、上から新たな紙を置いて清書するということが可能になるわけです。

 私は以前、ラフを描いた後、不必要な線を消しゴムで消していくという、とんでもなく面倒なことをしていました。それがトレース台を購入してからは……いやはや、便利です。一発で線が決まるという方には不必要なものかもしれませんが、ラフ段階でいろいろと描き込む私にとっては、今では無くてはならないものになっています。(ペンタブレットを使ってパソコン上で清書するという方法もあるのですが、まだ思うように描けないのですよね^^)

 さて、私が使っているトレース台は、らんぷシートといいます。
 画材店をまわっていろいろと吟味したのですが、最終的にこれに決めました。
 熱くならず、均一で柔らかな光が得られるため、長時間描いていても目が疲れにくいです。更に5.5ミリという厚さなので、ひたすら邪魔になりません。というか机の一部と化しています。
 欠点は、まず「ヴィーン」という作動音。ただしこれは音楽でも聴いていれば、ほとんど気になりません。次いで、これが一番のネックだと思うのですが、価格が高いです。一般的なトレース台の倍はします。メーカーさん頑張ってくださいぃ~。

 まあ、トレース台はものによって作業効率にも関わってくると思いますので、これから購入を考えられている方は、使用環境や使用感などを検討して、慎重に選択されることをオススメします。

 らんぷシート
スポンサーサイト


お絵描きTOOL (道具) | 11:28:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

無料ホームページ ブログ(blog)


copyright © 2005 らくがきおんらいん all rights reserved.

Powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。