■プロフィール

玄斎

Author:玄斎
2004年の夏ごろから、お絵描きを始めた人。
のんびりまったり精進中。


玄斎の構成物質

kinsoku2.jpg

■カテゴリー
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■応援

秒速5センチメートル

待ちに待った新海誠さんの最新作です。

■トピックス

松原秀典アートワークス
松原秀典アートワークス

藤島康介さんの絵をクリンナップさせたら右に出る者はいないのではないかと。

■らくがきおんらいん推薦図書

アニメがお仕事! 1巻 (1)
アニメがお仕事!

これこそドラマ化するべきだと思うのです。

■定番デジタル画材
■ブログ内検索

■メンテナンス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
紙を比較してみる
 今日は前からやってみたかった実験をしてみました。

 ラフ(下書き)から線画までをシャープペンシルで描く私にとって、特に線画の段階でなるべく滑らかな線を体現するのはひとつの命題であるわけです。
 で、安直ですが紙を比較してみました。

 使用したのは、比較的手に入りやすいコピー用紙と漫画原稿用紙です。

 まず、芯径0.3mmの製図用シャープペンシルを使い、なるべく同じ筆圧で、それぞれの紙に幾つかの線を引きます。続いてそれを、スキャナを使ってパソコンに取り込みました。ちなみに取り込みの解像度は、細部を見比べたいため700dpiに設定しました。
 以下がその結果です。

papertest.jpg


 コピー用紙の方に荒さが目立ちます。
 とは言っても、肉眼では判別できないほどの僅かな差です。

 結論を言いますと、ラフはコピー用紙で充分、線画段階でより滑らかな線にこだわりたい場合にのみ漫画原稿用紙を使う、といったところでしょうか。
スポンサーサイト


お絵描きTOOL (道具) | 19:17:43 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
参考になります。
実験などもとても興味深くておもしろいです。やはり細かいところから見ると、コピー用紙の方が荒いんですね。
所で、自分のサイトで協力者の白ガムが絵を描きました。まだまだ初心者&未熟者で玄斎さんの絵と比べるとかなり(かなりという言葉じゃたりないくらい)見劣りするのですが、どうか見てください。もしこうすればいいとかこうすれば格段に上手くなるとかアドバイスがあったら言ってほしいです。玄斎さんも忙しいと思いますし、気が向いたら見てください。でわ。
2005-09-25 日 21:06:40 | URL | 魔法の黒ガム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

無料ホームページ ブログ(blog)


copyright © 2005 らくがきおんらいん all rights reserved.

Powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。